ホーム > イベント情報 > 第61回恵那市美術展

第61回恵那市美術展

第61回恵那市美術展
イベント開催日時

2018年10月13日13時00分〜

イベント開催場所

恵那文化センター

 

趣旨

恵那市美術文化の普及発展を図るため、広く作品を公募し、一般に公開します。

主催

恵那市・(公財)恵那市文化振興会

公募

平成30年10月13日(土) 公募は終了しました。たくさんの作品ありがとうございました。

会期

平成30年10月27日(土)から11月3日(土) ※29日は休館日

午前9時から午後5時(最終日は午後4時まで)

部門

部門名規格
日本画 8号以上、50号以内。

洋画(含む版画)

8号以上、50号以内。
彫塑工芸

染織・金工・漆芸・陶芸・木彫等
重さ50キログラム以内。大きさ140cm×140cm×195cm以内。

デザイン B1、B2。縦横自由。半立体作品可。
  1. 仕上り寸法8尺×2尺。縦のみ。(軸不可)
  2. 作品寸法6尺×2尺、縦横自由。
  3. 仕上り寸法、縦横各2尺8寸以上6尺以内、縦横自由。
  4. 作品寸法、半切(35センチ×137センチ)縦横自由。
  5. 篆刻は、半切の1/2以内。縦横自由。
硬筆 色紙以上、100cm×75cm以内。縦横自由。
写真 A3、半切以上、全紙以内。組み写真は最大寸法以内。作品表面の日付不可。コンピュータ・デジタル作画は不可。

備考

未発表作品に限る。
◯額装・軸装・パネル張りとする。壁掛け作品には、しっかりとした紐をつける。(ビニール紐不可)
◯雅号を用いる場合は氏名も明記する。
◯額のガラス不可。アクリル可。但し、彫塑工芸部門で、技法上、アクリル板が使用できない場合はガラスも可とする。
◯デザイン部門で、企業名の判るものは不可。半立体作品は保護のため枠取付可。
◯着物展示はボディ不可。

審査員(敬称略・順不動)

日本画 飯田史朗・山本真一
洋画 伊藤清和・奥村聰臣
彫塑工芸 加藤 幸兵衛
デザイン 中山尚子・古澤毅
書道 関根玉振・渡邉笙鶴
硬筆 奥村暢之
写真 近藤龍宏・坂井憲治

※審査員が替わる場合もあります。

その他

  • 芳翠大賞は7部門から1点です。
  • 文化振興会長賞は7部門の高校生作品から1点です。
  • 広重美術館賞は版画の作品から1点です。
  • 作品の保管については十分注意しますが、不慮の事故や、不可抗力による作品の損傷については、主催者は責任を負いません。
  • 展示や運搬に危険を伴う作品、汚損・破損するおそれのある作品は、受け付けません。
  • 搬入・搬出の日時等を厳守して下さい。搬出期限を過ぎた作品については、保管の責を負いません。
  • 記録・広報の目的で、写真撮影をしたり氏名を公表することがあります。
  • 入賞作品・入選作品を展示公開させていただきます。尚、展示についての異議申し立ては、受け付けません。

問合せ先

(公財)恵那市文化振興会
〒509-7205
岐阜県恵那市長島町中野414-1 恵那文化センター内
電話:0573-26-3524

公募要項(表)(PDFファイル 510KB)

公募要項(裏)(PDFファイル 564KB)